Photoshopが「使える」かどうかは、「発想の転換」だと、思うのです。
ズバリ答えを書くことは、その「発想」の機会を奪う事になるので、あまり好きではありません。
ここでは、モノクロ原稿を処理するために
「使えるかもしれない操作」と「その意味」
をメモしてあります。
「じゃあ、こうすればいいんじゃ?」のきっかけになれば、と、思います。

はじめに

原稿によく使うメニューの操作

原稿によく使うツールの操作

してないとまずい事も…環境設定

解像度について

アクションの作成

便利アクションヒント集

原稿に便利ショートカット集

歪みを直す

下描き/影指定

チャンネルを使って 消える色を試す

消える色を利用する(1)
(色を影指定に)

消える色を利用する(2)
(色を選択範囲に)

消える色を利用する(3)
(2の応用で色を影指定に)

線画補正

レベル補正

色調補正>2階調化

アンシャープマスク

シャープ

線画の抽出

選択範囲関連

クイックマスク

アルファチャンネル

選択範囲の拡張

トーン貼り関連

色トレス線からトーン

描画色グレーで塗る

パターン/トーンで塗る

選択範囲/塗り潰す

アナログと同じ感覚で

二重貼り

モノクロ二階調化

セリフ関係(Photoshop5用)

字のコピペ

書き文字

小技メモ

簡単な星空

おまけ(1)

※以前のやり方ですが、小技が含まれるため、残しておきます※
管理者の場合の1ページ完成まで

↑一括DL↓ all.lzh/560KB

all.zip/565KB

↑完成印刷見本↓ sio_sample.lzh/834KB

sio_sample.zip/827KB

おまけ(2)

資料用ゲーム筐体